Gospel塾について

ゴス塾 復活への想い・・・塾長 Bee芦原

Bee芦原の「ゴスペル塾」は2001年1月に豊中で発足しました。

コンセプトは「先生がいなくても自分たちで活動できるゴスペラーを育てる!」というもので、豊中から始まり、奈良橿原、西大寺、枚方、京都、阿倍野、天王寺、本町、梅田、芦屋などに教室ができ、それぞれが自分達のグループ名をつけて、自分たちの選んだ曲を自分達で音取りし活動しました。

もう15年~20年も前の話ですが、結構な数のメンバーが現在も活動を続けてくれていることを、実はこっそりと心の中で喜び、自慢に思っていたりします。

2021年、世の中は新型コロナウィルスによって大きな変化を余儀なくされました。ほとんどのゴスペル団体は活動の機会を大幅に失っています。人の命に関わる問題であるため、やはり数十人に及ぶような合唱は安易にやるべきではないと思います。

しかしゴスペルの持つメッセージはいまこんな時だからこそ多くの人にとって必要なものだと僕は思っています。僕自身も3年ほど前に大きな病気をしたときも、最近父や母を天国に見送った時もどれだけ黒人霊歌やゴスペルの歌詞に救われたことかわかりません。

大勢で歌えないのであれば、大勢で歌わないスタイルでやりましょう。この機会にしっかりとゴスペルのルーツを学び、メッセージの根拠やサウンドの土台を固めたらいいじゃないですか!

集まりはダメでもスキルは磨けます!偉大なゴスペルのレジェンドたちの歌に真正面から取り組んで2021年も強い気持ちで歩みましょう! 

 
                         塾長 Bee芦原

S.M.S Toyonaka Studio でのBee塾長の無観客弾語りライブ。黒人霊歌の名曲「Deep River」「Nobody Knows The Trouble I’ve Seen」ゴスペルの名曲「Precious Lord, Take My Hand」をアコギ一本で歌っています。

お気軽にお問い合わせください。0120-949-386受付時間 8:00 - 23:00 [ 年中無休 ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。