偉大なる女性シンガー列伝其の③ Margaret Alison

マーガレットウェルズ「ベイブ」アリソンは、1921年9月25日、サウスカロライナ州プラムブランチに生まれ、4歳のときに両親と一緒にペンシルベニア州フィラデルフィアに移住しました。

アリソンはヴァレリー・スタークスという地元の歌手兼ピアニストをとても尊敬していたので、彼女はピアノを始めることにしました。

1941年、彼女はスピリチュアルエコーズと呼ばれるフィラデルフィアの女性ゴスペルグループに同行し始めました。

1944年のある夜、アリソンは牧師が彼女に自分のグループを作るように言う夢を見ました。それは普段見る夢よりも非常に強い説得力を持った特別なもののように思えました。彼女は考え抜いた挙句、彼女の夫からの励ましもあり、Angelic Gospel Singersを結成します。

スピリチュアルエコーズのエラ・メイ・ノリスとルシール・シャードは彼女の決心を祝福しただけではなく、彼女のグループに加わることに同意しました。アリソンは彼女の妹、ジョセフィン・ウェルズ・マクダウェルを4人目のメンバーとして導き入れました。アンジェリックスはゴスペルソングに明るく説得力のあるハーモニーを与え、多くの人を魅了しました。

1949年、フィラデルフィアの一人のゴスペル・プロモーターがアンジェリックスを聴き、ゴッサム・レコードの社長であるアイビン・バレンに紹介しました。

バレンはグループに、これまでのゴスペルアーティストが録音したことのない新しい何かを歌うようにリクエストしました。

アリソンは、ある女性シンガーがLucie CampbellのTouch Me Lord, Jesus歌っているのを思い出しましたが、より現代的なサウンドで新しいアレンジを考案しました。

バレンはアリソンのバージョンを非常に気に入り、曲をリリースし、一夜にして成功を収めました。発売時点で推定10万枚を売り上げる大ヒットとなりました。

Angelic Gospel Singersは、全国を旅しながら、ゴスペル・サーキットのトップ・アトラクションになりましたが、当時の他のトップ・ゴスペル・グループと同じく、過酷なツアーは彼女たちに大きな試練を与えました。

「神への信仰が私を導いてくれました」と後にアリソンはこの時のことを回想しています。「聴衆の前に行く前に、私はグループと一緒に祈りました。私の祈りは、主に私たちを祝福し、聴衆を祝福し、誰かに触れる何かを歌うのを手伝ってくれるように頼むことでした。」

グループはTouchMe Lord Jesusに続き、There Must Be a Heaven Somewhere、Back to the Dust、クリスマスの定番となったAllisonが書いた曲、Glory,Glory to the Newborn Kingなど連続でヒット曲を出しました。

ディキシー・ハミングバードとアンジェリックスが一緒にツアーをしたとき、彼らはしばしば一緒に歌を演奏しました。

1950年と1951年に、アリソンとディキシー・ハミングバーズのアイラ・タッカーがリードボーカルを入れ替わり、Dear Lord、Look Down upon MeStanding Out On theHighwayなどのクラシック・ゴスペル・ナンバーを録音しました。

ルシールとエラ・メイは、それぞれ結婚した後、アンジェリックスを引退しました。アリソンと彼女の妹はグループを続け、新たにトーマス・モブリーとバーニス・コールを新メンバーとして迎えました。

再構成されたグループは、1955年から1983年にMalaco Recordsと契約し、Touch Me Lord Jesus、Don’t Stop Praying、Out of the Depths、I’ve Weathered the Storm、I’ve Got Victoryを含む一連のアルバムを録音しました。後者は、ゴスペル音楽におけるアンジェリックスの長寿。1987年のMalacoシングルI’ve Got Victoryは、Angelic GospelSingersをゴスペル・ラジオ・ローテーションに返り咲かせました。

2000年、うっ血性心不全で入院した後、アリソンは歌い続けましたが、それ以降彼女は大規模なツアーを減らしました。

マーガレット・アリソンがマラコで最後に録音したプロジェクト、タッチ・ミー・アゲインは、2008年にリリースされました。

このアルバムのリリースの直後、彼女はフィラデルフィアで86年の生涯を終え、主と共に天国へと旅立ちました。